おやつの与え方 ~おやつは賢く取り入れましょう~

最近は、さまざまな種類の犬用おやつが販売されていますね。
栄養的な部分だけを見て言えば、犬におやつは必要ではありません。

しかし、犬にとって食べることは楽しみのひとつ。
毎日の習慣としておやつを与えている飼い主さんも多いことでしょう。

おやつは、与え過ぎれば栄養に偏りが生じたり、肥満の原因となったりすることも
ありますが、賢く取り入れることで、愛犬とのコミュニケーションにも役立ちます。

今回は、普段の生活の中に、賢くおやつを取り入れる方法をご紹介しましょう。

dog-bone

おやつの与え方

おやつを与えることで、犬の食生活が乱れたり、肥満になってしまったり、
栄養バランスが崩れてしまっては元も子もありません。
おやつの与え過ぎは、愛犬の健康を脅かす恐れがあることをしっかりと認識しておきましょう。
「可愛いから」「欲しがるから」という理由だけでおやつを与え過ぎてしまうと
食生活が乱れる原因にもなりかねません。

おやつは何気なく与えずに、どんなときに、どんなおやつをどのくらいあげるのか、
しっかりと決めておくことが大切です。

また、ドッグフードを食べないからという理由でおやつを与える飼い主さんもいますが、
おやつだけでは栄養のバランスが崩れてしまうため、将来的に健康を脅かす恐れもあります。

確かに、ドッグフードを食べないと心配になりますし、何も食べないのは可哀想に思えてしまいますが、
体調が普段と変わらず、元気でいるようなら数日程度なら何も食べなくても心配はいらないとされています。

ドッグフードの代わりにおやつを与えることで、ご飯を食べなければもっとおいしいものがもらえると
学習してしまい、偏食が進んでしまうので、ドッグフードを食べない代わりにおやつを与えるのは
避けましょう。

 

しつけやトレーニングのご褒美として

しつけやトレーニングのご褒美としておやつを取り入れてみるのもひとつの方法です。
ご褒美としておやつを活用する場合には、小さくカットしたものをひとつ与えるのが効果的。

ただし、乾燥レバーをご褒美として与える場合には、ビタミンAを過剰摂取してしまうことにも
なりかねませんので、少量にとどめておくようにしましょう。

また、ご褒美のおやつは「好きなおやつ」「大好きなおやつ」「ものすごく好きなおやつ」というように
2~3種類ほど用意しておくのがおすすめ。いつものトレーニングには「好きなおやつ」を使い
「ここぞ」というときや集中してトレーニングさせたいときには「ものすごく好きなおやつ」を使うなど、
おやつを上手に使い分けることで、スムーズなトレーニングも可能です。

 

お留守番に2~3種類ほど用意しておくのがおすすめ。

最近は、さまざまな種類の犬用おもちゃがありますが、中におやつを入れることができる
おもちゃもありますよね。犬の知育玩具として使用されることもありますが、
お留守番のときに使うのもおすすめです。

おもちゃの中におやつを仕込んで渡しておくことで、犬は夢中になって遊んでくれるので、
お留守番のさみしさやストレスを紛らわせることもできますよ。

また、ガムや豚耳など長時間楽しめるおやつもお留守番にはおすすめです。
ただし、お留守番でこれらを使う場合には、丸飲みしてしまう危険性を考慮して
大きめサイズの新しいものを与えておくと良いでしょう。