ドッグカフェデビューに向けて~知っておきたい準備とマナー~

愛犬と一緒に入店できる飲食店が増えていますね。愛犬との行動範囲が広がるので、
ドッグカフェに行きたいと思っている飼い主さんも多いことでしょう。
愛犬と一緒に入店できる飲食店には、愛犬連れを前提としているドッグカフェと、
愛犬を連れて入ることもできる一般のカフェがあります。

どちらも愛犬を連れて入店することができる点は同じですが、
犬に対する許容度や対応が異なるので注意が必要です。
いずれにしろ大切なことは、ほかのお客様に迷惑をかけないこと。
そのためには、愛犬がドッグカフェデビューできる段階までトレーニングしておくことと、
お店でのマナーを守ることが必要不可欠です。
今回は、愛犬とのドッグカフェデビューに向けて準備したいことをご紹介します。

cafe

愛犬チェック

ドッグカフェデビューするためには、基本のトレーニングができている必要があります。
まずは、愛犬がドッグカフェデビューできる段階までトレーニングできているかチェックしましょう。

  • トイレトレーニングができている
  • 「待て」ができる
  • ほかの犬や人に慣れている
  • 人の食べ物を欲しがらない

 

ほかの人や犬がくるたびに縄張りを主張して吠えてしまう子や怯えてしまう子、
日ごろから飼い主さんのご飯をお裾分けしてもらっている子は、
まだドッグカフェデビューできる段階ではありません。
また、基本的なトレーニングができていてもドッグカフェに連れて行けないケース
があるので、合わせてチェックしておきましょう。

  • 狂犬病や混合ワクチンの未接種
  • ノミ、ダニ、寄生虫、感染症などにかかっている
  • メス犬のヒート中(発情期)

 

ドッグカフェでのマナー

入店前までに次のことをすませておくことが基本です。

  • 排泄
  • ブラッシング

ドッグカフェに慣れるまでの間は、入店前に十分な運動をさせ疲れさせておくと
「ドッグカフェでは休憩する」ことを覚えます。

店内では・・

  • リードをつけておく
  • 足元で「おすわり」か「ふせ」が基本
  • 人の食べ物を与えない
  • 人用の食器を使わせない
  • トイレシートを敷かない
  • 吠え始めたら外に出る

中には犬を椅子に座らせてもよいお店がありますが、犬をそのまま椅子の上に座らせるのは
マナー違反。カフェマットなどを用意しておき、椅子の上に敷いてから座らせると良いでしょう。

トイレシートを敷くことは、お店への配慮のように見えますが、
ほかのお客様がトイレシートを目にしながら食事をするのは考え物です。
犬が排泄しても良い場所だと勘違いしてしまうこともあるので、
粗相の心配がある場合にはマナーベルトやおむつで対策しましょう。

カフェでは、まったく吠えないことがベストですが、
どれだけ気をつけていても何かに驚いて吠えてしまうこともあります。
吠え続けてしまう場合には、一旦外に出て犬を落ち着かせましょう。
場合によっては、カフェで過ごすことを諦める判断が必要になることも・・。

用意しておくと便利なもの

ドッグカフェでマナーを守り、気持ちよく楽しい時間を過ごすために用意しておくと
便利なものをご紹介します。必要に応じて用意しておくと安心ですよ。

  • マナーベルト、おむつなど
  • 衣類
  • カフェマット
  • 粘着ローラー
  • キャリーバッグ
  • 犬用の飲み水と器
  • お散歩グッズ