ドッグフードのタイプの特徴~愛犬の好みの硬さに合わせて選ぶときに~  

ドッグフードは、ドッグフードと言えばカリカリとした硬いフードを想像する方も
多いのですよね。現在では水分含有量によって硬いものから柔らかいもの
までさまざまなタイプが用意されています。
今回は、ドッグフードのタイプの特徴をご紹介しましょう。
愛犬の好みに合わせてフードを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

dog-bone

ドライフード

総合栄養食と呼ばれているフードの多くはドライタイプです。
水分含有量は10%以下の硬いフードです。コストパフォーマンスに優れ、
開封後も長期間保存できるのが特徴で、さまざまな形状のものがあります。

また、ラインナップが充実しているので、ライフスタイルや
ライフステージに合わせてフードを選ぶことができます。

 

セミモイストフード

水分含有量は25~35%ほど、指で押すと柔らかさが分かるタイプです。
風味が強く嗜好性に優れているので、硬いものが苦手な子や
ドライフードでは食いつきが悪い子におすすめです。

セミモイストフードは、水分が減ると硬くなってしまうので、開封後は保存に注意しましょう。

 

ソフトドライフード

水分含有量はセミモイストフードとほぼ同じですが、セミモイストフード
との違いは、ドライフードと同じように膨らませる加工が施されている点です。
ソフトドライフードは、水分量がやや多いので放っておくと
カビが生えてしまうことも・・。保存には注意が必要なフードです。

 

ウェットフード

水分含有量が75%以上、レトルトパックや缶詰として販売されています。
ウェットフードは、肉や魚で作られたオールミートタイプと、肉や魚のほかに
野菜などを加えて作られたレーションタイプがあります。
素材の味を生かして作られているのが特徴です。

未開封の場合は長期保存が可能ですが、開封後は日持ちしないので、
余ったものは冷蔵庫で保管して早めに使い切る必要があります。

また、ウェットフードは総合栄養食ではないので、犬に必要な栄養素が
すべて含まれているわけではありません。
同じウェットフードだけを長期間与え続けると、栄養バランスが
崩れてしまうこともあるので、注意しましょう。

 

生食用冷凍フード

「犬は本来肉食」であることに基づいて作られたフードです。
生のお肉には、動物が本来必要とするアミノ酸や酵素、必須脂肪酸が含まれているため、
消化吸収に優れ、免疫力の向上につながるとされています。
添加物や保存料が含まれていないものも多く、高タンパクなことが特徴です。

 

フリーズドライ

肉類のほか、野菜や果物などのフリーズドライも販売されています。
水で戻して食材として使うほか、トッピングに使用したり、水で戻さずに
ちぎったかけらをおやつとして与えたり、愛犬の食事の好みに合わせて使えるのが特徴です。