ドッグフードの危険性~安価なフードには要注意~

高価なものから安価なものまでさまざまな種類があるドッグフード。
みなさんは、愛犬に与えるドッグフードをどうやって決めていますか?
何を基準に選んでいるのでしょうか?
素材ですか?コストパフォーマンスですか?安心でしょうか?
それぞれのライフスタイルや愛犬の好みによって選ぶこともありますよね。
しかし、安価なドッグフードには安価なだけの理由があります。
今回は、ドッグフードに潜む危険性についてご紹介しましょう。
dog13

ペットフード安全法

私たち人間が食べるものには、細かな安全基準が設けられていますが、ペットフードには
長い期間、安全基準がありませんでした。平成19年、アメリカで大規模な健康被害が発生したことで、
日本でもペットフードに対する不安の声が高まり、結果として平成21年に誕生したのが
ペットフード安全法(正式名称:愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)です。

しかし、残念なことに、人が食用や農薬として使用が禁じられている化学物質の使用が
ペットフードには禁じられておらず、すべての成分を表示しなければいけない義務もないため、
まだまだ万全であるとは言えないのが実情です。

 

肉の品質

みなさんは毎日のように肉類を口にしていますよね。
しかし、中には人が口にするのを禁じた品質の肉もあります。
人間の食用に適さない肉は、廃棄するとお金がかかってしまうため、
安くペットフード業界に流れていることが多いのです。

安価なドッグフードに使われている肉類は、安価で販売することができるのですから、
当然安く仕入れているお肉であることは容易に想像できますよね。
中には、3Dと呼ばれる死んだ動物の肉(Dead)、病気の動物の肉(Diseased)、
死にかけの動物の肉(Dying)や、これに障害のある動物の肉(Disabled)
を合わせた4Dと呼ばれる肉が使われていることも・・。

海外では、この4Dと呼ばれる肉をペットフードとして利用することが認められている国もあります。
日本で販売されているドッグフードの多くは輸入品ですから、安価過ぎるフードには4Dの肉が
使われているかもしれません。

成分表に肉骨粉、肉副産物、肉類などと表記されている場合には、
4Dと呼ばれる肉が使われている可能性があるので、気をつけましょう。

 

主成分が穀物

成分表に記載されているものは、基本的に多く使用されている素材から順に表示されています。
犬は本来肉食なので、穀物や野菜の消化吸収が苦手です。
成分表に肉よりも先に穀物が表示されている場合は要注意。
安価なフードほど穀物が多く使用されていることがあるので、
肥満防止のためにも気をつけたいですね。

また、大豆ミールやとうもろこし粉など、栄養にもならないものや、
肥料として使われることが禁じられているものが含まれていることもあります。
特に大豆ミールは、さまざまな病気を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

 

危険な食品添加物

前述のペットフード安全法で禁じられていないこともあり、ドッグフードには
発がん性が認められている添加物が使用されていることがあります。

エトキシキン

枯葉剤と言えばその危険性はお分かりいただけるでしょう。
エトキシキンはいわゆる枯葉剤、発がん性が認められている添加物です。
賞味期間の長いものほど含まれている傾向があります。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

ガソリンの酸化防止に作られた化学物質で、脂肪の酸化防止として使用されていますが、
発がん性が認められています。

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

食用のガムやバター、油脂などに使用することが認められていますが、
甲状腺がんや膀胱がんを誘発する可能性が示唆されています。
ただし、添加物の表示義務はないため、企業の判断に委ねられています。
成分表に表示されていないからと言って安心できないのが実情です。

しかし、安価であればあるほど、フードに危険が潜む可能性が高くなるので、
安価すぎるフードには気をつけたいですね。