ドッグフード選びのポイント~安心安全なフードを選ぶために~

ペットショップなどに行くと、数多くのドッグフードが陳列されていますよね。
愛犬の健康のため、安心安全なフードを選びたいと思っても、
どれを選べばよいか分からない方も多いことでしょう。
残念ながら、販売されているすべてのドッグフードが安全であるとは言えません。
保存料や添加物、酸化防止剤などが使われているものが多く、中には発がん性が
確認されている化学物質を使用しているものもあるのです。
そこで今回は、愛犬のために安心で安全なフードを選ぶためのポイントをご紹介します。

up

表示のワナ

「無添加」「オーガニック」などと表示されていると、つい安全な商品だと
思ってしまいますよね。表示されていることに偽りはありませんが、私たちがつい勘違いして
しまう表示があります。安心で安全なドッグフードを選ぶためには、
勘違いしやすい表示のワナを知っておきましょう。

 

無添加

「無添加」と表記されていると、なんとなく添加物が一切入っていないと思ってしまいませんか?

しかし、香料無添加の場合は香料が、着色料無添加の場合は着色料が入っていないと言うことなのです。
言いかえると、香料無添加の場合は、香料は使用されていませんが、
着色料や食品添加物が使用されているということ。

とても勘違いしやすいのですが、無添加とは「ある特定の添加物が入っていない
と言うことで「すべての添加物が入っていない」と言うことではないのです。

 

オーガニック

「オーガニック」と表記するためには、専門機関の承認が必要なので、信頼度は高いのですが、
オーガニック=無添加ではありません。オーガニックと表記されているものは、
原材料の一部がオーガニックと言うものが多いのが実情です。

 

国産

日本で作られたことを表す「国産」表記。
なんとなく日本で作られたものと思ってしまいますよね。しかし、輸入した素材を
日本で加工すれば「国産」と表記できるで、素材は外国産だったということもしばしば。
素材も加工も日本の場合には「純国産」と表記されることを覚えておきましょう。

 

相場を考える

素材には素材ごとの相場がありますよね。
相場からかけ離れて高価なものは高価なだけの、安価なものは安価なだけの理由があります。
これは、私たちの食卓に並ぶ食材で考えてみればすぐに分かりますよね。

ドッグフードも同じです。ドッグフードの相場よりもかけ離れて安いものは、
安いだけの理由があるのです。原材料に粗悪な肉が使われていたり、穀物が多く
肉類が少ないこともあるので、相場よりも安価なフードは注意が必要です。

 

成分表を確認する

原材料の表示は、基本的に使用されている量が多い順に表示されています。
犬の主食は肉類なので、原材料の上位に肉類が表示されているものが望ましいでしょう。

発がん性や内臓障害などが認められている
「BHA」「BHT」「プロピレングリコール」「エトキシキン」「亜硝酸ナトリウム」
などの添加物が使用されていないことも重要なポイントです。

現在、ドッグフードの原材料をすべて表示する義務がないため、記載されていないから
と言って安心はできません。実際にどんな材料が使われているかを知るためには、
企業に問い合わせてみることもひとつの方法です。