子犬の食事で気をつけたいこと~幼犬と子犬の食事の違い~

子犬って本当に可愛いですよね。小型犬の場合、生後1年までは子犬と
呼ばれる時期ですが、月齢によって必要な栄養素が異なります。
骨や筋肉を形成する大切な子犬の時期。
将来的な健康のためにも子犬のころの食事は大切にしたいですね。
そこで今回は、子犬の食事で気をつけておきたいことをご紹介します。

dog
 

~生後3ヶ月

幼犬を迎えてから生後3ヶ月くらいまでの間は、離乳期です。
子犬専用のフードをお湯で十分にふやかして柔らかくしたものを
1日に3~4回に分けて与えましょう。

家に迎えころは、それまで食べていたものと同じフードを与えます。
フードを変える場合には、急に変えずに、それまで食べていたフードに
新しいフードを混ぜて少しずつ切り替えていくようにしましょう。

このころは、食器を舐めまわすほど食欲が旺盛な時期。
食器はきれいに洗って清潔に保つことも大切です。
 

~生後4ヶ月

子犬用のフードを1日に3回を目安に与えましょう。
このころは、フードをふやかさずにそのままで食べることができるようにする時期です。
ふやかす時間を短くしたり、お湯の量を少なくしたりして少しずつフードを硬くしていきましょう。

個体差があるので、焦る必要はありません。
愛犬の様子を見ながら少しずつ慣れさせていくことがポイントです。

 

~生後6ヶ月

犬種にもよりますが、生後6ヶ月ごろを目安に食事量が安定してきます。
硬いままのドライフードを1日に2~3回与えましょう。この時期を境に徐々に
食事量が減る子が増えてきます。

体が大きくなってくる時期ですが、ダイエットや小さく育てるために食事量を
減らすのは厳禁です。この時期の太り気味の体型はそれほど問題ではないので、
体の成長が止まるまで食事量を少なくするのは避けましょう。

 

生後8ヶ月ごろ

体が成犬ほどの大きさになったり、体重の増加が止まったりしたら成犬用の
フードに変える時期の目安です。食事は1日に2~3回に分けて与えます。

子犬用のフードから成犬用のフードに急に変えずに、最初は子犬用フードを8~9割に減らし、
減らした分だけ成犬用フードを混ぜて与えます。
食欲や便に異常がなければ、子犬用フードの割合を少しずつ減らし、1~2週間
ほどかけて成犬用フードに切り替えましょう。

 

成犬(1歳)

かつては1日1回の食事が主流でしたが、胃腸への負担が大きくなって
しまうため、成犬でも1日2回の食事を心がけましょう。

成犬になると運動量が落ちてくるので、太りやすくなってしまいます。
肥満を防ぐためにも1日の摂取カロリーを摂らせ過ぎないように気をつけましょう。