犬が食事をしない原因と対処方法

犬と言えば、何を与えてもよく食べるイメージがある方も多いですよね。
しかし、中には食が細い子や食事をあまり食べない子もいます。
与えたご飯を残されたり、ほとんど手をつけなかったりすると飼い主さんは心配ですよね。
食が細い子や食べムラがある子は、小型犬やパピー期の犬に多い傾向があります。
病気の可能性もありますから、病院で検査をしてもらうことも必要ですが、
病気とは関係しない場合、考えられる原因がいくつかあります。
今回は、犬が食事をしない原因と対処方法をご紹介しましょう。

dog-s

おやつの与えすぎ

おやつを愛犬が欲しがるままにあげていませんか?食事をしない代わりにおやつを与えていませんか?
飼い主さんが少しだけと思って与えても、体が小さな犬から見ると
かなりの量を与えてしまっていることもあります。

おやつを与え過ぎは、食事をしない原因になるだけでなく、栄養の面から見ても
偏りが生じてしまうので、おやつの与え過ぎには注意しましょう。

 

ドッグフードの質が悪い

とうもろこしや米などの穀物が原材料名の上位にきているドッグフードを
食べさせていませんか?相場から見て安価なドッグフードを与えていませんか?
安価過ぎるドッグフードは、質の悪い肉が使われていたり、大量の添加物が含まれていたりすることも・・。

大量の添加物や質の悪い肉は、肝臓に負担をかけてしまうため、食欲がなくなる
原因となってしまうことがあります。

 

食が細い愛犬には・・

飼い主さんは可哀想だと思ってしまうかもしれませんが、まずは空腹感を教えてあげましょう。
食事は決めた時間だけに与えて、食べても食べなくても15~30分ほどで片づけます。
適度に運動をさせて、欲しがっても次のご飯の時間がくるまで何も与えないようにしましょう。

こうすることで、空腹感とご飯の時間以外にはご飯がもらえないことを
覚えるので、ご飯を食べるようになります。

また、人間と同じように生まれつき食が細い子もいます。
この場合、無理に食事をさせるのは逆効果。
少量でもしっかりと栄養を補えるフードに変えてみるのもひとつの方法です。

 

ご飯の与え方を工夫する

犬は嗅覚で食欲を感じます。食が細い子や食べムラがある子は、食器かフードを温めて匂いが
出る工夫をしましょう。

食べない理由がフードの硬さにある場合には、フードにお湯をかけて少し柔らかく
してあげると匂いも増すのでおすすめですよ。ただし、硬いフードを食べられる子の場合、
硬いフードを食べなくなってしまうこともあるので注意しましょう。