犬にも歯磨きが必要なの? ~手遅れになる前に習慣化を~

みなさんは、毎日愛犬の歯磨きをしていますか?
していないという飼い主のみなさん、犬は歯磨きが不要だなんて思っていませんよね?
私たち人間と同じように、犬の健康を保つためには、歯のお手入れも大切です。
今回は、犬の歯磨きの必要性についてご紹介します。
愛犬の末長い健康のために、ぜひ歯磨きを習慣にしてみてくださいね。

dogdoc

犬の歯は虫歯になりにくい

犬の口の中は弱アルカリ性なので、虫歯菌が繁殖しにくい状態です。
虫歯は、口の中の炭水化物が発酵することで酸を作り出すことで作られますが、
犬の唾液の中には、デンプンを分解するときに必要な消化酵素(アミラーゼ)
がないことも虫歯になりにくい理由だとされています。

 

歯磨きしないとどうなるの?

私たち人間と同じようにすぐに歯垢がたまります。
しかし、犬は歯垢から歯石になるまでにあまり時間を必要としないため、
3~5日ほどで歯石となってしまうのです。

歯石になってしまうと、飼い主さんの手によって除去することはできません。
歯石は歯の表面をザラザラにしてしまうので、さらに歯垢がたまりやすくなり、
歯垢の中に潜むばい菌が繁殖。結果として歯周病になってしまうのです。

 

こんなに怖い歯周病

歯周病は、見ただけでは判断できないことも多く、犬が異変を示さない間にどんどん進行していきます。
飼い主さんが愛犬の異常に気がついたときには、かなり進行していることも・・。

 

歯周病を放っておくと引き起こされるトラブル

 
 ・歯槽膿漏(しそうのうろう)

 ・歯瘻(しろう)
 

歯周病菌が歯の根尖まで侵入することで起こります。
骨が溶けて口と皮膚を貫通する穴ができてしまい、そこから膿や血が出てくることもあります。

 
 ・口鼻瘻管(こうびろうかん)
 

上あごの犬歯で歯周病が進行することで起こります。骨を溶かし口と鼻が貫通した状態です。
くしゃみや鼻から血が出ることもあります。

 
 ・下顎骨骨折(かがくこつこっせつ)

 ・内臓疾患
 
歯周病がひどくなると、骨を溶かし皮膚に穴をあけたり、硬いものをかんだだけで
骨折したりすることがあります。また、歯周病菌が血管を通して全身をまわってしまうと、
心臓や肝臓、腎臓などの疾患を引き起こすこともあるのです。

犬の歯は本来真っ白です。黄ばんでいたり茶色っぽくなっていたりしたら要注意。
特に小型犬やパグなどの短頭種、シニア犬、免疫力が低下している犬は
歯周病のリスクが高まると言われています。

日ごろから歯磨きをしていない犬は、年齢とともに発症リスクが高まるので、
愛犬の元気で健やかな毎日のために、ぜひ歯磨きの習慣を取り入れてくださいね。