犬に与えるのは危険!~食べさせてはいけないもの~

ご飯やおやつを食べていると、愛犬からおねだりされることってありますよね。
与えないほうが良いことは分かっていても、つい与えてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか?

しかし、私たち人間が口にしているものの中には、犬の健康を害するおそれのある食べ物があります。
何も知らずについ与えてしまうと、取り返しのつかない事態に陥ってしまうことにもなりかねません。
愛犬の健康を守るためにもぜひ覚えておきたい要注意な食材を集めてみました。
ぜひ覚えておいてくださいね。
tamanegi
 

中毒を起こす食材

 

タマネギ中毒

タマネギや長ネギ、ニンニク、ニラなどのユリ科のネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイド
という成分が、赤血球を破壊することで起こる食中毒です。下痢や嘔吐、血尿、溶血性貧血などを
引き起こし、命にかかわる重大な症状に陥ってしまうこともあります

体重1kgに対して20g以上が危険な量の目安だとされていますが、個体によってはほんの少量のネギ類でも
重大な症状を引き起こすこともあります。
ネギ類の毒性は、加熱しても消えないため、与えないように注意しましょう。

コンソメやソースなどの調味料の原料にネギ類が使われているものもあるので、注意が必要です。

 

チョコレート中毒、カフェイン中毒

チョコレートやココアなどのカカオ類に含まれるテオブロミンや、コーヒー、紅茶、お茶などに
含まれるカフェインは、下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。
心臓や神経にも悪影響を及ぼし、最悪の場合は急性心不全を引き起こすことも・・。
 

ぶどう中毒

ぶどう中毒は、あまり知られていない疾患ですが、ぶどうやレーズンなどを大量に食べることで
発症する中毒です。原因は解明されていませんが、下痢や食欲不振、脱水、腎機能障害などを
引き起こし、最悪の場合は、命にかかわることもあります。

 

マカダミアナッツ中毒

嘔吐やけいれん、元気がなくなるなどの症状が現れることがあります。
命の危険はありませんが、重度な症状を引き起こすこともあるので、避けたほうが良いでしょう。

 

消化不良を起こしやすい食材

 

アボカド

アボカドの果肉や皮、種には毒素が含まれており、嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。
呼吸障害や心疾患を引き起こすこともあるので、アボカドを与えるのは避けましょう。

 

イカ、タコ、甲殻類、貝類

これらの食材は消化不良を起こし、下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。
犬は本来肉食のため、野菜や穀物の消化吸収が苦手です。
ゴボウやナスのように食物繊維が多くアクの強い野菜は犬に不向きなので避けたほうが良いでしょう。
また、塩辛いものや甘いものの摂りすぎは、愛犬の健康を損なう恐れがあるので気をつけてくださいね。