犬の歯磨きの仕方 ~段階を追って慣れさせていきましょう~

年齢とともにリスクが高まる犬の歯周病。うちの子は大丈夫なんて
思っていると、後で悔やむことにもなりかねません。
すべての犬が重い歯周病になるわけではありませんが、可能性がゼロでない以上、
飼い主としてできるだけのケアはしておきたいですよね。
とは言え、これまで歯磨きをしてこなかった子の歯磨きを急に始めても、
愛犬の負担になるだけです。信頼関係にヒビが入ることもあるので、段階を
追って少しずつ慣れさせていきましょう。

dog3

口を触れることに慣れさせよう

まずは、顔や口を手で触れられることに慣れさせましょう。慣れてきたらそっと口元を
めくって前歯や歯肉に触れてみましょう。口は閉じたままで大丈夫です。
愛犬が前歯や歯肉に触れられることに慣れたら、奥歯の方まで指を入れてみましょう。

口元や口の中に触れることに慣れさせるためには、愛犬のペースに合わせることがコツ。
最初は触れるだけですませ、少しずつ触れる時間を長くしていきましょう。
愛犬が触れさせてくれたら、そのたびに十分にほめてあげることも大切です。
終わったらおやつや散歩などの楽しみを与えてあげるのも効果的。

 

ガーゼで歯をこすることに慣れさせよう

ガーゼを巻いた人差し指で、顔や口元に触れてみましょう。
慣れてきたら口元をめくって前歯や歯肉をこすったり触れたりしてみます。
十分に慣れたところで、ガーゼを巻いた指で奥歯もこすってみましょう。口は閉じたままで構いません。

飼い主さんが必要以上に身構えてしまうと、愛犬に不安となって伝わってしまいます。
この段階では、飼い主さんがリラックスすることがコツ。
愛犬に「歯磨きするよ」と声をかけて、上手にガーゼで歯磨きをさせてくれたら十分にほめましょう。
ご褒美を与えるのも効果的です。

最初は上手にできないかもしれませんが、決して叱らずに焦らず慣らしていきましょう。

 

歯ブラシに慣れさせよう

歯ブラシをなめさせたり、匂いをかがせたりして歯ブラシそのものに慣れさせましょう。
歯ブラシに慣れたら、愛犬の口の中に入れてみます。
この段階では、まだ歯ブラシは動かしません。口の中に歯ブラシを入れることができるだけで十分です。
歯ブラシをかんでしまう子もいますが、怒らないでくださいね。

 

歯ブラシを使って歯磨きしてみよう

歯ブラシに十分慣れたところで、いよいよ歯ブラシを使った実践です。
愛犬を足や脇でしっかりと抱えて体を安定させましょう。まずは前歯の外側をやさしくブラッシングします。

前歯の歯磨きに慣れたら、少しずつ奥まで磨いていきましょう。
奥歯まで磨けるようになったら、口を開けて歯の裏側まで磨きます。

注意すること

  • 無理に体を押さえ付けない
  • 歯ブラシを急に口に入れない
  • 歯ブラシは濡らしてから使う
  • 力を入れて歯を磨かない

日ごろから口元を押さえ付けて叱っていると、上手に歯磨きできない原因となってしまうことも
あるので、日ごろの叱り方にも気をつけましょう。

また、歯磨きは子犬のころから始めると慣れるまで時間が短くてすみます。
ただし生後7ヶ月頃の歯が生え変わる時期は、歯肉に炎症が起こり、痛みが生じていることもあるので
歯磨き嫌いにしないために、歯肉が赤くなっている部分は磨かないように気をつけましょう。