犬の食物アレルギーと自然療法

我が家の愛犬2頭は強度の食物アレルギーです。
肉、魚、米、小麦、野菜、くだもの…すべて食べれません。
唯一食べられるドックフードはコーンスターチしか入っていない療養食。
これだけでいくと、じゃートウモロコシは食べれるでしょ?と思われるかもしれない。
確かに成分上では食べられるが、野菜そのままで与えているとアレルギーになりやすいらしくて、
食べさせたとしても最大4分の1くらいが限度です。
そんな2頭の食物アレルギーを改善するために、犬のサプリメントや人間のアトピーの先生を次々とあたり相談しました。しかし、サプリメントには米粉や大豆が必ずと言っていいほど入っているので、1~2回試すと症状が悪化します。
6歳でアレルギーが発症したミニピンの信長と生後半年で発症したラブラドールの秀吉。
このふたりに何かないかと必死で毎日探していた私。
たまたまペット博で今日のワンコという写真で秀吉を撮りに来てくださったポチたまの松本秀樹さん。
なぜかそこで追いかけていき、ファンに囲まれていた松本くんに相談した私。
なぜそこでそんな行動をとったかはいまだに自分でもわかりません。
すると、松本君はすぐにどこかに電話して相談してくださり指示をして紹介もしてくださいました。
それが、いまこの子たちが欠かせないサプリメントのひとつであるアニマストラスを販売するヴィジョンズさんでした。そしてとんとん拍子で相談にのってもらえ、横浜にある自然治療の先生を紹介していただき、そこから大阪での現代治療と横浜での自然治療がはじまり、酵素やミネラルなどのサプリメントをはじめとし、少しでも体調がよくなるように…と両方の先生にお世話になっています。
おかげさまで、ドックフードも1種類、オヤツも1種類だけど、調子のいい時には一口二口なら大丈夫になってきたこの子たちです。
なにより・・・人間のアレルギーはいろいろ勉強しましたが、ペットも同じだという事を知り、また子育てスタートという気持ちで取り組んでいます。