犬を手放す理由に疑問

最近ペットブームと言われており、犬を飼う人も増えていますが飼うからには生涯きちんと見取るまで可愛がって欲しいと思うのです。と言うより可愛がり家族として育てて行くのが当たり前だと思うのです。
よく里親サイトを見ていると、疑問を覚えてしまうようなことが多くてなりません。里親サイトと言うのは、行き場を失った犬にとって暖かく迎えてくれる家族、新たな飼い主さんを探すと言うものです。
それを見ていると、なんとも人間の身勝手で犬を手放す人が多いのかと呆れてしまうものが多いのです。
里親を探している犬種は様々ですが、よく目に止まるのが小型犬でありしかも一昔人気のあったチワワやMダックス、また現在でも人気の根強いトイプードルです。
何故、同じような犬種が里親に出ているのか不思議でしたが、それだけ人気と流行りだけで迎えることが多いだけに放棄する人も多いため、里親に流れる割合が多いと聞いた事があります。
何の罪も無い犬たちを、自分たちの勝手で里親に出す。まだ里親を探す行動を取る飼い主はよい方です。中には平然として保健所へ出す人もいます。
そういった人たちの理由を里親サイトで見ていると大体が飼育放棄。また、生まれた(人間の)子がアレルギーだからとか、今まで一人で寂しかったけど結婚した子供が出来たから飼えなくなった、子供が欲しがるからといった事やペット不可のアパートやマンションで飼っていたのでこれ以上は飼えない、そして最悪なのが「思っていたイメージと違って躾しにくいから手に負えない」という安易な理由。それだけ犬を安易な生き物として見ていたと言う事ですよね。
犬は人間の飾り物の一部では無いのです。生きている限り私たち人間と同じ命があり、生きています。
犬は飼い主を選べません。迎えられた家族によって犬の未来が掛かっているのです。それでも、放棄する飼い主が後を絶たないと言うのが悲しい現実だと思います。